山形県尾花沢市銀山温泉 銀山荘

銀山温泉のご紹介

春を待つ、山形のお花見リレー

暦の上では春とはいえ、豪雪地帯で知られる
銀山温泉から雪がなくなるのは4月下旬頃。
まだまだ春の足取りはゆるやかです。

村山エリアの今年の桜の開花予想は4月中旬。
桜の名所では花まつりの準備も、いよいよ本格化してきました。

山形県は全国に知られた果樹王国。
ソメイヨシノの満開が終わるころ、沿道では
サクランボ、桃、ラ・フランスといった具合に
次々と果樹園の花が咲き始めます。まさに百花繚乱です。

それぞれの花は1週間ほど咲き誇り、
4月下旬から5月上旬まで
さまざまな果物の花を楽しむことができます。

この頃になると周囲の景色もぐっと色を増し、
やわらかな緑で覆われる近景の山と
まだ冠雪をいただく遠望の秀峰があいまって
その景色は絵本の世界のよう。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
サクランボの花は実は真っ白。
果物の宝石と呼ばれる真っ赤な実の色と対照的です。
果樹園を埋めつくすサクランボの花が満開を迎えたときの姿は、
園内に漂うほのかな甘い香りとともにうっとりする景色です。

山形県の果物地帯の回廊は、
天童市の国道48号周辺から東根市の県道296号
「フルーツライン」あたり。

桜の季節からスタートする村山エリアのお花見は、
長い期間にわたって、私たちに
可憐で素敵な花のリレーを見せてくれます。

意外に知らないフルーツたちの
愛くるしい花姿もまた、旅の素敵な想い出に。

銀山温泉に向かう途中に広がる、
そんな春まっさかりのもうひとつのお花見にもぜひ、
ほっこりしていただけたら幸いです。