山形県尾花沢市銀山温泉 銀山荘

銀山温泉のご紹介

産地ならではの味わいを食べ比べで!「さくらんぼ」

今年もまた、さくらんぼの季節がやってきました。

例年、梅雨の時季に完熟するさくらんぼは
雨にあたると身が割れてしまうデリケートな果物。

そのため、さくらんぼ農家は収穫時期が近づくと
“雨除けハウス”とよばれるビニールの屋根をかけて
さくらんぼを大切に守ります。

「果物の宝石」とも呼ばれる、
つやつやとした鮮やかなルビー色が
たわわに実る様子は山形に初夏を告げる風物詩。

とはいえ、その管理は大変で
一本の樹に多くなり過ぎるのは、
実が小さくなり、味も落としてしまうのだとか。

さくらんぼ農家では樹それぞれの個体差や
その年の気候によっても異なる花芽を見て、
どれくらい実るかを経験値で判断し、
花芽の数を慎重に調整していくのだそうです。
栽培から収穫まで、手間のかかる作業は
まさに子育てそのもの。

さくらんぼの語源のひとつが
桜の子供を意味する“桜の坊”からきているのも
うなずける気がします。

さくらんぼの花言葉は「小さな恋人」、
「あなたに真実の真心を捧げる」。

文字通り、食べてくれる人の笑顔を想い
真心を捧げて育てられるさくらんぼ。

さくらんぼの一大生産地である東根は
当館から車で約1時間です。
今年も愛情いっぱいに育てられた
山形のさくらんぼをぜひ、お楽しみください。